カント(Kant):定言命法と仮言命法

カントによれば、人間が実践的法則に従うには、みずからの“自由な意思”によって努力しなければならないため、実践的法則は“義務”や“命令”として認識される。
このことは、『実践理性批判』において次のように述べられている——

君の意志の格率が、いつでも同時に普遍的立法の原理として妥当するように行為せよ。

これは、“自分の行為の原則が常に誰もが従わなければならない原則に合うように行為しなさい”という意味である。
こうした命令は、カントによって「定言命法」(ていげんめいほう)と呼ばれた。
道徳は、状況や条件によって左右されてはならず、無条件の命令や義務でなければならない。
そのため、定言命法は、「〜しなさい」「〜すべし」という形式となる。

これに対して、「もし……ならば、〜しなさい(すべし)」という条件つきの命令は、「仮言命法」(かげんめいほう)と呼ばれる。
たとえば、人を助けるときに、“ここで助ければ自分は善い人間だと周囲から評価されるかもしれないから助ける”というのは、裏を返せば“周囲から評価されないならば助けない”ということであるから、条件つきの命令=仮言命法である。

カントによれば、仮言命法にもとづく行為は、「利福」(自分の利益)を優先する行為であるため、真の道徳的行為とはなりえないという。
真の道徳的行為であるためには、自己の利福を度外視した、人助けそのものを目的とする定言命法でなければならないのである。

※関連ページ:「【義務論】カント:定言命法

◀︎ カント:格率と実践的法則
カント:道徳的行為と自由意志 ▶︎

【西洋哲学史のキホン:目次】

カントに関する記事はこちら ▶︎