倫理学の定義

「倫理学とは何か?」と問われれば、その答えは「規範の根拠について考える学問」となる。
それでは、「規範とは何か?」と問われれば、その答えは「道徳や法律、(社会的)ルール、(宗教的)戒律」となる。
つまり、「〜は善い/悪い」「〜してよい/いけない」「〜すべきだ/すべきでない」といったことが規範である。
よって、「規範の根拠について考える」とは、「なぜ〜は善い/悪いのか?」「どうして〜してよい/いけないのか?」「〜すべき/すべきでないのはなぜか?」ということになる。
具体的には、「いかに生きるべきか」「人はいかにふるまうべきか」「人を助けるためにウソをついてもよいのか?」「他人に迷惑をかけなければ何をしてもいいのか?」「人工妊娠中絶は、どんな状況でも非難されるべきか?」といった問いの形をとる。

◀︎ 「倫理学のキホン」について
倫理学的に考える ▶︎

【倫理学のキホン:目次】