【功利主義】シジウィック(Sidgwick):『倫理学の諸方法』

ベンサムミルの功利主義を完成させ、現代功利主義を創始したと言われるのが、イギリスの倫理学者ヘンリー・シジウィック(Henry Sidgwick、1838〜1900)である。

実はシジウィックは、最初から功利主義者として功利主義を提唱したわけではない。
彼は『倫理学の諸方法』という著作を著しているが、その主題は、いろいろある道徳的な考え方のなかから有力な考え方を3つ取り上げ、そのうちのどの考え方がもっともすぐれているかについて探究することであった。
つまり、〝行為の善悪を判断する根拠として結局何が正しいのか?〟を突き止めようとしたのである。
その探究の結果、シジウィックがもっとも有力な考え方だとみなしたのが、功利主義なのであった。

シジウィックが『倫理学の諸方法』のなかで取り上げた3つの考え方とは、「倫理的利己主義」(利己的快楽主義)「直観主義」(直覚主義)「普遍的快楽主義」(功利主義)である。

「倫理的利己主義」(利己的快楽主義)とは、行為の善悪を判断する根拠は〝自分自身の幸福〟であるとする考え方である。
この考え方の持ち主は、たとえば、〝相手に好かれたい、だから相手が喜ぶことをする〟〝贅沢な生活がしたい、だから一所懸命働く〟というように、自分の利益のために(結果的に)道徳的だとされる行為を行なう。

次に「直観主義」(直覚主義)とは、行為の善悪を判断する根拠は〝道徳的直観力〟であるとする考え方である。
この立場の人びとは、道徳的な判断というものは、たとえば「道徳感覚」(モラルセンス)や「理性」のような、人間が持つなんらかの〝特殊な能力〟によってもたらされると考える。

最後に「普遍的快楽主義」(功利主義)とは、行為の善悪を判断する根拠は〝行為の影響を受ける関係者全員の幸福〟であるとする考え方である。
この立場の人びとは、行為をするとき、その行為の影響が及ぶ人びと全員のことを考える。
なお、シジウィックが言う「幸福」とは「快楽」と同じ意味であり、快楽の質の違いを重視したミルとは異なり、その量が多いか少ないかだけを問題にしたのであった。

◀︎ 【功利主義】ミル:「功利主義道徳の理想的な極致」と他者危害原則
【功利主義】シジウィック:実践理性の二元性 ▶︎

【倫理学のキホン:目次】

「功利主義」に関する記事はこちら ▶︎