【義務論】カント(Kant):意志の自律

人間は、ふだん、さまざまな欲求にとらわれ、道徳的な行為を選択できないことが少なくない。
しかし、カントによれば、人間は本来、理性的な存在であるため、欲求にとらわれることなく、理性によって、みずから道徳的な行為を選択することができるという。
つまり、人間は、自分自身の〝内〟に「定言命法」としての道徳法則を知り、それにみずから従うことができるのだ。
このことをカントは、「意志の自律」と呼び、「道徳性の最上の原理」であるとみなした。
一方、欲求にとらわれるということは、欲求の対象の内に行為の根拠を見出しているということになる。
つまり、自分自身の〝外〟に道徳法則を求めているということだ。
このことをカントは、「意志の他律」と呼び、「道徳性のあらゆる不純な原理の源泉」だと断じた。
こうしたカントの考えに従えば、幸福を追求する「幸福主義」は、欲求の対象が持つ性質に依存し、「意志の他律」にもとづいているため、道徳原理としては認められないことになるのである。

カントは、「意志の自律」こそが、人間本来の自由だと考えた。
なぜならば、みずから道徳法則を知り、それにみずから従う理性的なあり方のなかに、人間の本来の姿を見出していたからである。
また、こうしたあり方が人間に尊厳を与えるのであり、そのため、人間は他人から手段として扱われてはならないと考えたのであった。
こうした「自律としての自由」という考え方は、現代の倫理学においても有力である。

◀︎ 【義務論】カント:完全義務と不完全義務
認知主義と非認知主義 ▶︎

【倫理学のキホン:目次】

カントに関する記事はこちら ▶︎