【義務論】カント(Kant):完全義務と不完全義務

カントは、『道徳形而上学の基礎づけ』という著作のなかで、「定言命法」として命じられる義務を「完全義務」と「不完全義務」に分類している。
「完全義務」とは、カントによれば、「傾向性の利益のための例外を許さない義務」である。
つまり、どんな事情があろうとも、自分の欲求や利益を満たそうとする習慣(傾向性)に陥らずに果たさなければならない義務である。
要は、〝絶対的な命令〟だ。
やって当たり前、やらないと罰せられる。
一方の「不完全義務」とは、(カントによる明確な定義ではないが)〝傾向性の利益のための例外を許す義務〟である。
つまり、事情があれば完全に果たさなくてもよい、あるいは、やれば「功績」として認められるような義務である。
要は、〝努力目標〟だ。
やらなかったからといって、ただちに責任を問われることはない。
ただし、「例外を許す」といっても、その「例外」を行為者自身が勝手に決めていいわけでは決してない。
「例外」として許されるのは、たとえば、溺れている2人のうちの1人しか助けられない状況で、見知らぬ1人より、親しい友人のほうを優先して助けるといった場合である。

ちなみに、カントは、「完全義務」と「不完全義務」を、さらにそれぞれ「自分に対する義務」と「他人に対する義務」の項目に応じて区分し、それぞれの例を示している。

完全義務 不完全義務
自分に対する義務 自殺しない 才能を伸ばす
他人に対する義務 ウソの約束をしない 困っている人を助ける

なお、上記の区分は、カントによれば、絶対的なものではなく、自分が考える義務を整理するための任意なものにすぎないということである。

◀︎ 【義務論】カント:定言命法
【義務論】カント:意志の自律 ▶︎

【倫理学のキホン:目次】

カントに関する記事はこちら ▶︎