【義務論】カント(Kant):義務にかなう行為/義務にもとづく行為

カントが無条件で〝善い〟とした「善意志」の実質は、〝義務にもとづいて行為する意志〟である。
つまり、「善意志」は、義務だから行なおうとするのである。
ここで言う「義務」とは、〝本人の意志にかかわらず強制されて行なうこと〟では決してない。
〝みずから進んで行なわなければならないこと〟である。

カントによれば、こうした義務に関わる行為は2つに分けられるという。
義務にかなう行為」と「義務にもとづく行為」である。
「義務にかなう行為」とは、〝義務の求めに合う行為〟である。
一方、「義務にもとづく行為」とは、〝義務だという認識による行為〟である。
両者はどう違うのか?
〝他人に嘘をついてはいけない〟という例で言えば、〝本当のことを話したくはないけれど、ここで嘘をつくと、あとで恨まれそうだから正直に話す〟というのは、結果的に「義務にかなう行為」である。
しかし、〝嘘をついてはいけない〟という義務を認識して従った行為ではないから、「義務にもとづく行為」ではない。
つまり、「義務にかなう行為」のすべてが「義務にもとづく行為」とはならない。
ここからカントは、「義務にもとづく行為」のみが道徳的な行為であると考えたのである。

カントにおいて、道徳とは、義務にもとづくことなのであった。

◀︎ 【義務論】カント:善意志
【義務論】カント:定言命法 ▶︎

【倫理学のキホン:目次】

カントに関する記事はこちら ▶︎