【功利主義】ヘア(Hare):二層理論

〝功利主義は5人の命を救うために1人を犠牲にすることを容認する〟という批判があることを前のページで紹介した。
この批判は、人びとの常識的な道徳=「直観」にもとづいている。
つまり、ふつうの人びとの感覚からすれば、〝ありえない道徳的な判断〟だというわけである。
イギリスの哲学者・倫理学者であったリチャード・マーヴィン・ヘア(Richard Mervyn Hare、1919-2002)は、こうした「直観」による批判は、道徳的な判断における2つのレベルを混同していると考えた。

ヘアは、道徳的な判断を「直観的レベル」と「批判的レベル」という2つのレベルに分けた。
「直観的レベル」とは、日常的に直面するさまざまな状況に対して、不充分な情報しかないなかで、複数の道徳原則のいずれかにもとづき、即座に道徳的な判断をするレベルである。
一方の「批判的レベル」とは、道徳原則に疑問が生じたり、道徳原則のあいだに対立や混乱が生じたりしたとき、時間をかけて情報を集め、道徳原則を検討するレベルである。
つまり、ヘアによれば、人は通常、たとえば〝人には親切にするべきである〟というような道徳原則にもとづいて直観的な判断を行なっているが、一方で、たとえば〝人を傷つけてはならない〟〝他人を助けるべきだ〟といった複数の道徳原則が対立するような状況においては、道徳原則を批判的に検討したうえで判断するのだという。
こうしたヘアの考え方を「二層理論」と呼ぶ。
そして、「二層理論」に従えば、〝功利主義は5人の命を救うために1人を犠牲にすることを容認する〟という批判は、「批判的レベル」の問題を、誤って「直観的レベル」の問題として扱うことから起きるのである。

また、「二層理論」に従えば、人びとは、日常生活においては、「規則功利主義」的に道徳原則に従うが、複数の道徳原則が対立した場合には、「行為功利主義」的に関係者全員の幸福を最大化する行為を選ぶと考えることができる。
このようにして、ヘアは、「規則功利主義」と「行為功利主義」の対立を調停したのであった。

◀︎ 【功利主義】規則功利主義と行為功利主義
【功利主義】ヘア:選好功利主義 ▶︎

【倫理学のキホン:目次】

「功利主義」に関する記事はこちら ▶︎