【環境倫理学】地球環境問題と環境倫理学

環境倫理学」(environmental ethics)は「地球環境問題」を対象にする。
それでは、「地球環境問題」とは何か?

人類は、石炭や石油、天然ガスといった地下資源を利用することによって文明を発展させてきた。
その一方で、利用された資源は廃棄物となった。
廃棄物は、自然界が浄化できる範囲に収まっているうちは問題とならなかった。
しかし、人口の増大や生活水準の向上によって資源の消費量が増えてくると、自然界の浄化作用の限界を超え、地球環境や人間社会に悪影響を及ぼすようになった。
具体的には、地球温暖化、オゾン層破壊、酸性雨、砂漠化、森林減少、生態系破壊による生物多様性の消滅、大気汚染、水質汚濁、土壌汚染などの現象として悪影響は現れた。
つまり、「地球環境問題」とは、人類が資源の消費を増加させ、浄化されない廃棄物が地球規模で増えつづけたことによって引き起こされた悪影響のことである。

このように、地球環境問題が人類によって引き起こされたのだとすれば、その解決のためには、〝私たちは自然環境に対してどのように振る舞うべきか?〟という行動の規範が問題とされなければならない。
これが、環境倫理学が提唱されるようになった理由である。

それでは、環境倫理学は、地球環境問題の解決へ向けて、何を主張しているのか?
日本に環境倫理学を普及させた研究者の1人である加藤尚武は、その著『環境倫理学のすすめ』の「はじめに」のなかで、「環境倫理学は、三つの主張を掲げている」として、「自然の生存権の問題」「世代間倫理の問題」「地球全体主義」を挙げている。
次ページ以降で順に見ていこう。

◀︎ 【生命倫理学】医療における人間関係と医療のあり方の変化
【環境倫理学】自然の権利 ▶︎

【倫理学のキホン:目次】