秘訣15★インターネットで資料を集める

大学通信教育で独自性のあるレポートを作成するためには、指定された教科書と参考書以外の文献・資料を数冊(数本)用意する必要があります。

ところで、あなたはそうした文献・資料をどうやって用意していますか?

必要であれば、躊躇(ちゅうちょ)せずに買っちゃいますか?(太っ腹ですねぇ〜)

もちろん、大学は通信教育といえども専門知識を身につけるところですから、関連書をすべて自前でそろえられるのであれば、そうしたほうがいいに決まっています。

でも、そんなことをしていたら、お金がすぐに底をついてしまいますよね(汗)

生活に支障をきたしてしまいます!(大汗)

となれば、図書館で借りる(閲覧する、コピーする)ということになるわけです。

実際、それがいちばん現実的な方法です。

しかし、そうは言っても、「うちはド田舎だから(失礼!)、近くに図書館がない!」という大学通信教育生も少なくないはずです。

あなたもそうですか?(たびたび失礼!)

それでは、このような場合はどうすればいいのでしょうか?

それは——

インターネットで資料を集めるのです。

インターネットは“情報の宝庫”です。

インターネット上には、じつにいろいろな情報が散在しています。

レポートの設題に見合った資料も、必ずやあるはずです。

そのようなレポート設題と関連性が高い情報を、YAHOO! JAPAN(ヤフー・ジャパン)Google(グーグル)といった検索エンジンを使って検索すればいいのです。

たとえば、明治維新政府がとった教育制度に関する資料(情報)をさがす場合は、「明治政府 教育」「明治 教育制度」などのキーワードで検索します。

すると、明治政府の教育(制度)に関連した内容(情報)をふくむサイト(ページ)が検索結果に表示されます。

あとは、その検索結果のタイトルを見ながら、「これは役立ちそうかも!」とあなたが思うサイト(ページ)を選び、閲覧するだけです。

そこに役立つ情報が記載されていれば、ラッキーです♪

大学通信教育のレポートを作成する際の参考資料にしてしまいましょう。

ただし!

インターネットで資料をさがす際に必ず気をつけてほしいことがあります。

それは、

信頼できるサイト(ページ)の情報(記事)を参考にする

ということです。

インターネットはたしかに“情報の宝庫”ですが、そのいっぽうで“玉石混淆”(ぎょくせきこんこう)状態でもあります。

価値ある情報とそうでない情報が入り混じっています。

大学通信教育のレポート作成で、いいかげんな情報を参考にすることは許されません。

信頼できる情報が提供されているサイト(ページ)を見つけ出し、それを資料とすべきなのです。

「そうは言うけど、『信頼できる情報が提供されているサイト(ページ)』って、どうやって見つければいいの……?」

そう思ったあなた!

ご安心ください!!

次の記事でしっかりご紹介します♪

◀︎ 秘訣14★教科書や指定の参考書以外の文献・資料を参照する
秘訣16★信頼できるサイト(ページ)の見つけ方 ▶︎

【大学通信教育レポート作成必勝法:目次】