秘訣2★レポート作成の順番を考える

大学通信教育では、レポート作成を大量にこなさなければなりません。

入学したての大学通信教育生のなかには、何科目分もあるテキストを前に呆然としている人も少なくないはずです。

あなたはどうですか……?

「今まで文章らしい文章といえば、小学校や中学校の作文程度しか書いたことがない……」

そんなあなたであれば、なおさらでしょう。

テキストの山を前に、「何から手をつければいいんだ……?」と途方に暮れてしまうのも無理はありません。

そんなときはどうすればいいのでしょうか?

それは——

自分がいちばん興味をもてそうな科目のレポートから作成していけばいいのです!

理想を言えば、必修科目や基本科目、総合教育科目(昔で言う「パンキョー」)あたりから手をつけていけばいいのでしょうが、もしも最初の段階でなかなかレポートを書けないというドツボにはまってしまったら、それ以降のレポート作成に悪影響をもたらしてしまいかねません。

「大学通信教育のレポート作成ってタイヘン……(涙)」

こんな第一印象をもってしまったら、そのあとの科目のレポート作成も、おそらくつらい作業になってしまうはずだからです。

まずは、自分がその内容に興味をもてそうな科目のレポート作成から始めてみる。

あるいは、もしも興味をもてそうな科目がなかったら(汗)、いちばん書きやすそうな科目のレポート作成からとりかかってみる。

そして、少し書き慣れてペースがつかめてきたら、ちょっと手ごわそうな科目のレポート作成に挑戦してみる……。

こんな感じで進めていけばよいのではないでしょうか?

そうすれば、いらぬ苦手意識をもつことなく、思った以上にレポート作成がはかどる可能性がグッと高まるはずです♪

【注意】:“何年次までに、この科目の単位をとらないと進級できない”とか“実習に行けない”など、ある科目の単位取得がなんらかの条件になっている場合は、自分が苦手そうな科目であっても、そうした科目のレポート作成を優先するのが無難でしょう。

◀︎ 秘訣1★大量のテキストにゲッソリする必要はない
秘訣3★おおまかな計画を立てる ▶︎

【大学通信教育レポート作成必勝法:目次】