心得4★学友会やサークルで友だちをつくる

スクーリングで友だちをつくることのメリットは、「心得2★スクーリングでひとりでも多くの友だちをつくる」のなかですでにお話ししたとおりですが、じつは大学通信教育で友だちをつくることができる場は、スクーリング以外にもあるのです。

それは——

学友会やサークルです。

「大学通信教育に学友会やサークルなんてあったっけ?」

それがあるんです!

大学通信教育生同士の交流や親交を目的とした学友会は、多くの大学にあります。

サークルについても、大学公認のものから私的なものまで、いろいろとあるようですが、なにかしらのサークルや同好会が存在する場合がほとんどです。(※)

ちなみに、大学通信教育で大学公認のサークルがあるというのは珍しいほうだと思いますが、大学によっては昼間部や夜間部のサークルに入れる場合があります。

また、公認ではなくても、私的なサークル(勉強目的から親睦目的まで)であれば、インターネットで「在籍している大学名 通信教育 サークル」というようなキーワードで検索して見つけることができます。

自分がめざしている資格取得のための勉強会や好きな趣味のサークルなど、気になるものを発見したら、ちょっと勇気を出して連絡してみてはいかがでしょうか?

そのちょっとした勇気が、あなたの“大学通信教育ライフ”をバラ色に変えてくれるかもしれません。

しかも、

生涯の友だちを見つけることができるかもしれませんよ♪

あるいは、あなたに行動力があるなら、自分でサークルを立ち上げてしまうという手もあります。

せっかくなった大学生なのですから、年齢のことなど気にせず(笑)、サークル活動で思い切り“青春”を謳歌してみるのも悪くないはずです。

それがそのまま大学通信教育を卒業するためのエネルギーにもなるわけですから。

仕事では決して出会うことがないような人と出会えるのも“大学生”であることのメリットです。

ぜひ積極果敢にチャレンジしてみてください♪

(※)校友会やサークルについては、下記大学の例を参考にしてください。
日本大学通信教育部|友人との交流・クラブ活動
佛教大学通信教育課程|学友会
慶応義塾大学通信教育課程|慶友会

◀︎ 心得3★入学の目標・動機を明確にし、問題意識をもつ
心得5★先生と友だちになる ▶︎

【大学通信教育レポート作成必勝法:目次】