QLOMAGA[クロマガ]|哲学系情報マガジン

ジャン=ポール・サルトル(Jean-Paul Sartre、1905-1980)は、「3つのH」(ヘーゲルフッサールハイデガー)を出発点にしたと言われるように、ドイツ現象学の影響を強く受け、「実存主義」を唱えた。

「実存は本質に先立つ」

サルトル哲学は、ハイデガーに倣い、人間とその他の存在者が異なったあり方をしていることを分析するところから始まる。
サルトルによれば、事物や道具はただそこにある存在=「即自存在」であるが、人間のあり方は違うという。
つまり、人間は、たとえばペーパーナイフのように、〝紙を切る〟という本質が最初から決められているのとは違い、〝自分は机ではない、彼でもない、世界でもない〟というように自分自身へ意識を向け、規定していく存在=「対自存在」なのだという。
そして、対自存在としての人間は、即自存在のように完成してはいないため、常に自分の過去や現在を否定し、新たな自己のあり方をめざそうとする(「投企」)。
このように、現実に存在している自己=「実存」が先にあり、その自己が新たな自己=本質を後からめざしていく人間のあり方を、サルトルは「実存は本質に先立つ」と言い表した。

「人間は自由の刑に処せられている」

現実の自己が先行し、後から新しい自己をめざすということは、自己のあり方を自由に選び取ることができるということである。
つまり、サルトルは、人間は「自由」だと考えたのである。
しかし、自由だといっても、その選択はすべて自己の責任において行なわれる。
こうした自由のあり方は、かえって苦痛に感じられる。
人間が置かれたこうした状況を、サルトルは「人間は自由の刑に処せられている」と表現した。
しかし、その一方で、私たち人間は、自由な決断に伴う不安を抱きながらも、行為によってしか新しい自己をめざすことはできない。
そのため、サルトルにおいては、現実や社会へ積極的に参加(「アンガジュマン」)することが求められた。
実際、サルトルは、自身に課したアンガジュマンとして、ベトナム反戦運動やアルジェリア独立闘争に参加している。
それが、サルトルにとっての自由の表現方法なのであった。

ブックガイド

100分de名著 サルトル『実存主義とは何か』』(海老坂武 著)
▼NHKテレビ講座のテキストである。116ページほどの冊子で、要点がシンプルにまとまっていて、理解しやすい。サルトル哲学の全貌を手軽に知ることができる。

サルトル』(梅木達郎 著)
▼世界に直接触れている意識の分析に始まり、他者、社会、歴史へと考察を進めていったサルトルの思考の過程をたどっている。決して平易ではないが、サルトル哲学のエッセンスが集約されている。

存在と無
▼サルトルの哲学的主著である。フランス現代思想を代表する古典で、デリダやフーコーにも影響を与えた。ぶっちゃけ難解(汗)だが、現代思想に取り組もうとする人であれば必読と言える。