QLOMAGA[クロマガ]|哲学系情報マガジン

マルティン・ハイデガー(Martin Heidegger、1889-1976)は、フッサールが提唱した現象学の方法を用いて、〝〈ある〉とはどういうことか?〟を問う「存在論」を探究した。
その探究の書が、彼の主著『存在と時間』である。

世界−内−存在

近代までの哲学では、モノ=存在は客観的なあり方をしており、人間はそのあり方をいかに正しく認識できるかということが問題とされた。
しかし、『存在と時間』においてハイデガーは、存在のあり方は決して客観的ではなく、人間によって規定されていて、人間はその存在のあり方を規定する存在なのだと述べた。
こうした人間のあり方を、ハイデガーは「現存在」と呼んだ。
現存在は、朝起きてから夜寝るまでの日常生活のなかで、歯ブラシや箸(はし)、衣服、靴、車、机、パソコン……など、数多くの道具を使う。
そうした道具は、衣服や靴を身につけ、きちんとした身なりをし、車に乗って会社へ行くため、机の上でパソコンを使うのは仕事の資料をつくるため……というように目的と手段のネットワーク=「道具連関」を形成している。
つまり、道具は、たんに〝客観的に〟そこに存在するというものではなく、現存在にとって意味のある連関なのである。
そして、現存在は、誰でも必ず、この道具連関のなかで生きている。
こうした現存在のあり方を、ハイデガーは「世界−内−存在」と呼んだ。
ところが、こうした現存在のあり方は、日常のなかに埋もれ、自分を何かの目的を達するための道具としてしまっている。
そんな自己は、道具であるがために、かけがえのない存在などでは決してなく、他の誰かと交換可能な存在にしかすぎない。
こうした道具化された交換可能な現存在のことを、ハイデガーは「ひと」(ダス・マン)と呼んだ。

死へ向かう存在

ハイデガーによれば、本来の自己了解は、「ひと」から脱することによってもたらされるという。
では、どうすれば交換可能な「ひと」から脱することができるのか?
それは、自分自身の「死への不安」に向き合うことによってであるとハイデガーは言う。
現存在は誰もが生まれた瞬間から「死へ向かう存在」であり、その死は交換不可能だ。
自分の身代わりに誰かに死んでもらうことはできるが、自分の死そのものを誰かに代わってもらうことは決してできない。
一方で、そうした絶対に交換不可能な死を迎えたとき、現存在は自己の存在を全う(「全体性」を確保)するという本来のあり方を成し遂げる。
ということは、現存在にとっての本来のあり方とは、自分自身の交換不可能な死を〝先回り〟して受け入れ、死という人生究極の可能性と向き合おうとする「先駆的決意性」を持つことなのである。
つまり、ハイデガーは、死を意識して時間の有限性に気づくことによって、自分が「死へ向かう存在」だと自覚することが、人間本来の生き方をもたらすと考えたのである。

ブックガイド

ハイデガー』(貫茂人 著)
▼難解で知られるハイデガーの哲学の核心を丁寧に噛み砕いた入門書である。高校生でも充分に読み通せる。ハイデガーの哲学がプラトンやデカルトなどの哲学とどう違うかについて、ペットボトルを例にして説明するなど、とてもわかりやすい。まずは本書で、ハイデガー哲学の輪郭をつかむとよいだろう。

ハイデガー哲学入門』(仲正昌樹 著)
▼本書の副題は「『存在と時間』を読む」で、ハイデガーの主著を読み解きつつ、ハイデガー哲学の理解をもたらす。「哲学の〝わからなさ〟はどこから来るのか?」でも書いたが、私は哲学の完全初心者のとき、この『存在と時間』を何の手助けも借りずに読むという〝無謀な過ち〟を犯した(汗)「あのとき、この仲正氏の入門書があったなら、あんな苦い思いをせずにすんだのに……」。そう大いに後悔させられるほど出来がいい解説書である。

存在と時間』(中山元 訳)
▼『存在と時間』の翻訳書はいくつかあるが、もっとも入手しやすく読みやすいのは、〝西洋哲学翻訳の名手〟中山元氏によるものではなかろうか。30年前の訳書にくらべれば、訳文がこなれて、かなり読みやすくなった。いい時代になったものだ。