QLOMAGA[クロマガ]|哲学系情報マガジン

ジークムント・フロイト(Sigmund Freud、1856-1939)は、オーストリア生まれの精神科医である。
ウィーンで開業医として神経症の治療にあたるなかで、「無意識」を〝発見〟した。
「無意識」とは、〝自分の心のなかにある、自分が知らない部分〟のことである。
フロイトが無意識を前提に構築した学問は、「精神分析学」と呼ばれる。

錯誤行為、夢、神経症

フロイトによれば、無意識には満たされない欲望が「抑圧」されており、そうした欲望は抑圧から〝解放〟されようと、「錯誤行為」(さくごこうい)「」「神経症」(心の病)となって表れるという。

「錯誤行為」とは、言い間違いやド忘れなどのことである。
会議を早く終わらせたい議長が開会時に「開会します」と宣言すべきところを「閉会します」と言い間違えてしまうようなことが例として挙げられる。

「夢」は、フロイトによれば、無意識のなかに抑圧された〝願望の充足〟である。
しかし、本来その願望は認めたくない(だから抑圧された)ものなので、心のなかでは「検閲」(けんえつ)が行われ、意識に上らないようにされる。
その一方で、願望は検閲をすり抜け、なんとか意識に上ろうとするため、「夢の作業」によって表現のしかたが変えられる。
つまり、夢の元の内容=「潜在思想」は検閲があるために「歪曲」された内容=「顕在内容」になるのである。
そのため、夢の内容は、本人にとっても不可解なものとなる。

「神経症」とは、身体や器官には異常がないのに身体症状を訴える心の病のことである。
抑圧された欲望や感情が行き場を求め、身体症状として表出されたのが神経症だとフロイトは考えたのである。

自我、超自我、エス

フロイトによれば、人間の心は、「自我」(エゴ)「超自我」(スーパーエゴ)「エス」(イド)から構成される。

「自我」(エゴ)とは、〝これが自分だ〟と思っているもので、心の主体である。
「超自我」(スーパーエゴ)とは、自我のなかにあって自我を監視し、自我に対して〝〜であるべき〟という理想と〝〜してはいけない〟という禁止を示す〝良心の声〟である。
「エス」(イド)とは、性的な衝動など、人間の活力源となる心のエネルギー=「リビドー」(欲動)の貯蔵庫で、「快感原則」に従って、ひたすら欲動を満足させようとする。

3者は、超自我が自我を統制する一方で、エスを抑圧し、自我が「現実原則」に従い、外界に適応できるようにエスを調整するという関係にある。

ブックガイド

図解雑学 フロイトの精神分析』(鈴木晶 著)
▼ナツメ社の人気シリーズ「図解雑学」のうちの一冊である。見開き2ページで一つのテーマが扱われ、左ページが文章による解説、右ページが図解なので、初心者でも抵抗なく親しめる。フロイトの主要な概念や考え方はもれなく紹介され、フロイト自身が精神分析を用いて展開した文明論や芸術論や、ユングやアドラー、エリクソンといった弟子たちの考え方もコンパクトに紹介されている。
フロイト入門』(中山元 著)
▼精神分析学の形成過程に沿ってフロイトの思想を解説した入門書である。ただし、入門書とはいえ、記述は詳細である。上記の『図解雑学 フロイトの精神分析』を読んでから本書を読めば、理解はかなり深まるのではないか。
『精神分析入門』
▼フロイト自身が精神分析学の内容を一般人向けに講義したのが、『精神分析入門』(『精神分析学入門』)である。一般人向けなので、フロイトの他の著作にくらべて理解しやすい。フロイト自身の著作を読むなら、まずは、この『精神分析入門』からだろう。翻訳は複数の出版社から出ているが、新潮文庫版(『精神分析入門(上)』『精神分析入門(下)』)がもっとも読みやすい。